生活情報デザイン専攻の
教員&在学生座談会

生活情報デザイン専攻の学生たちは、どんな活動をしてどんな学びを得ているの?
ゼミで取り組んだ情報発信プロジェクトを中心に語ってもらいました。

 

“やりたいこと”でつながった動画制作チーム

澤崎先生
今日は澤崎ゼミのうち、卒論で「福井市のPR動画制作」に取り組んでくれた3人に来てもらいました。みんな、もともとは別々のクラスで、ゼミの中でやりたいことが一致してチームを組んだんだよね。
てらおさん
私の場合は、サークルの先輩が澤崎ゼミ生で、その先輩たちが作成した動画をYouTubeで見て動画制作に興味を持ったことがきっかけです。
澤崎先生
東京に進出した福井県の企業にインタビューした動画かな?本来なら今年度も東京へ取材に行く予定でいたんだけれど、残念ながら新型コロナの影響で行けなかったね。
たまきさん
私の場合は、姉が澤崎ゼミ生で、学外で活動しているのが面白そうだったからです。
いわさきさん
3人とも動画編集を通じて情報発信をしたいという思いが一致して、一緒に取り組むことにしたんだよね。最初の取り組みは、福井商工会議所で毎年開催されている「新商品・新サービス合同プレス発表会」の取材をもとにした動画制作だったね。
たまきさん
緊張したよね。企業がマスコミに向けて新商品をプレゼンテーションする様子を撮影したり、企業ブースを訪ねてお話を伺ったり。私はインタビュアー役だった。
いわさきさん
取材した企業さんが、違う業種から「せんべい」をつくる事業を立ち上げることになった経緯や、堅さが特徴のせんべいだったので原材料についても尋ねたり、とにかく詳しく聞くようにしたね。
たまきさん
堅いせんべいを専用の道具で割ってから食べるという面白い商品だったので、目の前で実演していただいて撮影したよね。
いわさきさん
そんなたまきさんのインタビュー内容を、私が書記役としてメモ。あとで字幕を作成する際に参考にできるようにしました。

生活情報デザイン専攻トップに戻る