食物栄養専攻の
学びの特徴

「栄養」と「健康」の知識・技術+
「コミュニケーション力」を身につける学び

講義と実験・実習の連動で、学習内容を自分のものにする。

グループでの取り組みを通じて栄養士に必要な
コミュニケーション力を身につける。

グループで協力して取り組む課題学習によって、他者の意見を聴き、考えを広げ、栄養士に必要なコミュニケーション力を身につけます。

アクティブラーニング
プロジェクト型学習

カリキュラムのポイント

卒業までに約500品を調理

調理関係の実習が多く、調理学実習や給食管理実習、食品加工実習など、さまざまな実習でつくる料理の種類は約500品。確かな調理技術と知識を身につけた栄養士をめざします。

栄養の専門知識を学ぶ

基礎から応用、実践と体系的に学び、食品、栄養、健康における多種多様な情報を的確に取捨選択し、科学的な根拠に基づく分析と活用ができる力を身につけます。

調理・献立作成
栄養学・食品学・調理学などの専門的知識を活用して、調理や献立作成をする力を身につけます。
栄養指導
人々の健康管理や健康の保持・推進のためのアドバイスをする力を身につけます。

学内外でのさまざまな取り組み

実践力を高めるためのさまざまな取り組み

栄養士の現場を体験できる実習や学内外での独自の取り組みに加え
プラスアルファの力となる資格取得を推奨し、栄養士としての実践力をさらに高めます。

栄養士の仕事を知るための実習と現役栄養士による特別授業

栄養士の現場を知る

2年次の9月に10日間、病院や保育所など、希望する施設で実習を行います。実習先が就職先となることもあり、就職活動の一端を担っています。また、これまで2,000名以上の栄養士免許取得者を輩出し、栄養士として多くの卒業生が活躍していますので、そうした卒業生を招いて特別授業を行い、栄養士の業務について理解を深めています。

社会貢献にもなる自治体とのかかわり

福井市との連携 -「ベジ・ファースト」運動-

「ベジ・ファースト」とは、野菜から食べ始めるという食事法のこと。食べる順番を変えるだけで生活習慣病の予防効果があり、気軽に取り組める健康法です。食物栄養専攻では福井市と連携し、野菜を美味しく食べるためのメニューを考案してイベントで配付するなど、栄養に関する知識を活かして、ベジ・ファーストのPR活動に取り組んでいます。

食に関する幅広い知識と技術を身につけた食の専門家

フードスペシャリストの資格を取得できる※

フードスペシャリストとは、食の本質が「美味しさ」「楽しさ」「おもてなし」にあることを学び、食に関する幅広い知識と技術を身につけた食の専門家であることを証明する資格です。食物栄養専攻では、「フードスペシャリスト論」や「フードコーディネート論」などのフードスペシャリスト資格取得のための授業を開講しています。

※食物栄養専攻で所定の単位を修得し、フードスペシャリスト協会の実施する資格検定試験に合格することで卒業と同時に資格を取得できます。

食の「美味しさ」「楽しさ」を学ぶ

実践力を高めるユニークな授業

「調理学実習Ⅰ」で実施している『お弁当コンテスト』では、学生がそれぞれ工夫を凝らして考案・調理したお弁当をみんなで評価します。その他の授業では、バイキングを行ったり、クリスマスやお祝いのためのメニューで食事をつくったりと、美味しさと楽しさを感じながら学べるような取り組みを設け、栄養士としての実践力を高めています。

学生VOICE

2年間で身につけたことを仕事以外にも活かそうと思います。ひろせさん

実習や実験などが多く、技術がしっかり身につくと思えたことと、早く就職できることに魅力を感じ仁短に入学しました。実習は学内だけでなく施設での校外実習もあり、実際の現場で栄養士の活動、プロとしての心がけや美味しく食べてもらうための工夫などを学ぶことができました。また、仁短は先生がやさしくて気軽に相談ができるため学びやすく、2年間で栄養士としての基本がしっかり身についたと思います。4月からは一人暮らしを始める予定なので、仕事だけでなく私生活にも学んだことを活かして、食材を上手に使った経済的で栄養バランスの良い食事づくりに挑戦したいと思います。

食物栄養専攻トップに戻る