幼児教育学科
就職・資格

「保育士資格」と「幼稚園教諭二種免許状」
ふたつの資格・免許に加え強みとなる「+αの資格」を取得

卒業と同時に取得できる「保育士」「幼稚園教諭二種」に加え、保育業界で活躍するために役立つ「認定絵本士」「保育心理士(二種)」「レクリエーション・インストラクター」などの資格を取得することができます。

取得できる資格卒業と同時に取得

定められた単位を取得することで卒業時に取得できます。

  • 保育士
  • 幼稚園教諭二種

+αの資格定められた単位の取得が必要

  • 幼稚園・保育園のためのリトミック2級指導資格
  • レクリエーション・インストラクター
  • 保育心理士(二種)
  • 認定絵本士

主な就職先

さまざまな現場に対応できる確かな力を身につけ、
地域の子育てを支える存在として活躍。
毎年9割以上の学生が福井県内を中心に保育のプロとして就職し、地域の保育において大きな役割を果たしています。

幼児教育・保育施設の種類とその違い

施設の種類

保育所

0歳から小学校就学までの乳児・幼児の保育を行います。子どもの健全な心身の発達を図るため、生活や遊びを通して総合的に保育します。保護者に対する支援や地域の子育て支援も行います。

施設ごとの保育職と、就業に必要な免許・資格

保育士保育士資格

保育所、児童養護施設、障害児施設などの児童福祉施設において、乳幼児や児童の保育、子育て支援などを行う職員で、保育士資格が必要です。保育士資格は幼児教育学科で必要な単位を修得すれば取得できます。

幼稚園

満3歳から小学校就学までの幼児を対象に、子どもの心身の発達を助長するための教育を行います。子どもは、集団生活の中での遊びを通してさまざまなことを学んでいきます。

幼稚園教諭幼稚園教諭免許状

幼稚園は「学校教育法」に基づいた学校とされており、幼稚園教諭の免許が必要です。幼児教育学科で必要な単位を修得すれば、幼稚園教諭二種免許状を取得できます。

幼保連携型認定こども園

幼稚園と保育園の機能や特徴をあわせ持ち、地域の子育て支援を行います。親が働いている・いないにかかわらずすべての子どもが利用でき、教育・保育・子育てをトータルでサポートできます。

保育教諭
  • 幼稚園教諭免許状
  • 保育士資格

保育教諭とは、「幼稚園教諭」と「保育士」の両方の免許・資格を持って認定こども園で働く職員のことです。近年の認定こども園の増加に伴い、保育教諭として働く人が増えています。

主な就職先(2018年度~2020年度 卒業生)ページ

VOICE保育者と保護者のかかわり
保育の仕事をするうえで保護者とのかかわりはとても重要なこと。保護者からどんな影響を受けているのか?保育者とはどんな存在なのか?それぞれの声を聞いてみました。

保育の現場から保護者の方からのお言葉が励みになっています。

新年度になった時「今年もつぼかわ先生でうれしいです!」と言っていただけたのがとてもうれしかったです。また、連絡帳には園生活についてなるべく丁寧に書くように心がけているのですが、それがご家庭での会話に繋がっていると聞き、とても励みになっています。

お迎えの時などに「子どもが先生のことを『大好き!』って言っています。」「家でも先生のことを話すんですよ。」と、お家で楽しく話題にしてくださっていることが聞けると、「ちゃんとお役に立てているんだ!」と、うれしい気持ちになります。

保育者とはどんな存在ですか?

子どもの理解者、保護者の応援団。
子どもって親にも理解できないことだらけ。だから、しっかり子どもに寄り添って理解し、気持ちを代弁してくれる先生たちは、保護者にとって本当に心強い存在。頼れる応援団です。
子どもをしっかり見守ってくれる、子育てに欠かせない存在。
子どもが上手に気持ちを言葉にできない時も先生が汲み取って言葉を引き出してくれます。子どもの成長に寄り添ってくれる頼りになる存在です。
子どもの可能性を引き出す「きっかけ」づくりの名人。
集団生活や遊びなどを通じて、子どもの可能性の芽を育ててくれます。「きっかけ」づくりの名人ですね。

幼児教育学科トップに戻る