大学紹介

学園創立の理念・歴史

学園創立の理念

1898(明治31)年、禿了教・すみ父娘により創立された「婦人仁愛会教園」が、福井仁愛学園の源です。
学園創立の理念である「仁愛兼済」とは、自分を育ててくれるすべてのいのちの尊重と、相互敬愛を基本として、社会に役立とうとする精神です。
福井仁愛学園は、その精神に基づき、大学院、大学、女子短期大学、女子高等学校、幼稚園を設置して、地域の発展を支える多くの人材を輩出してきました。120余年の歴史を経て、これからも時代の進展に対応しながら、更なる発展を続けていきます。

うるわしい世をひらく
ともしびとなるために

1965(昭和40)年、仁愛女子短期大学は、専門分野の学びを通して一人ひとりのいのちが響きあい、
「美しい世をひらく灯となる」ことを願って開学しました。
自らの興味、関心に基づき選んだ専門分野を主体的に学ぶ2年間。
本学を卒業した約20,000名の女性たちは、「豊かな心」と「実践力」で、社会を支える大きな力となっています。

学長メッセージ

人として、女性として、
自分自身を大きく成長させる2年間に。

豊かな人間性と高い専門性で、地域社会に貢献する。そしてそのことが、自分自身を大きく輝かせ、充実した人生を送る。仁愛女子短期大学は、そんな女性を育成することを教育理念として、1965年の開学以来、約半世紀にわたり、教育活動を展開してきました。

社会人の一歩手前の時期である短期大学では、「教養教育」と「専門教育」をバランスよく学び、2年間を通して社会人としての基礎と、専門分野の知識と技術を身につけることが求められています。本学では特に、そのすべての教育を、建学の精神「仁愛兼済」を中心に展開することで、豊かな人間性と高い専門性とを育むよう教育課程を編成しています。

短期大学の2年間は、そのためには短いと感じられるかもしれません。しかし、この2年間は、同じ目標を持つ仲間と出会い、それぞれが目標に向かって集中して学ぶことで、これからの人生の基盤を形成する大切な時間といえます。

キャンパス内は、いつも学生たちの笑顔が溢れる明るい空気に満ちています。女性だけの環境で伸び伸びと学ぶことができる。そんな環境も仁愛女子短期大学の特長といえるでしょう。
本学で学ぶみなさんの一人ひとりが、よき職業人、よき社会人として、「美しい世をひらく灯」たる素晴らしい女性として成長されることを期待しています。

学長 禿 正宣

沿革

仁愛女子短期大学の歩み

1965年4月 仁愛女子短期大学開学(家政科)
初代学長に禿了信就任
1966年4月 保育科を開設
附属幼稚園を開園
1967年4月 家政科を家政専攻と食物専攻に分離
1968年4月 保育科を児童教育科に改称
1969年4月 家政科食物専攻を食物栄養専攻に改称
第二代学長に禿了滉就任
1972年4月 音楽学科を開設(2014年3月廃止)
1975年4月 専攻科音楽専攻を開設(2014年3月廃止)
1979年4月 幼児教育研究センターを開設
1981年4月 家政学科家政専攻を生活科学専攻に改称
1982年4月 武生キャンパス(家政学科)を開設
国文学科を開設(2002年3月廃止)
生活文化研究センターを開設
1985年4月 情報処理教育センターを開設
1990年4月 家政学科を生活科学学科に改称し、生活情報専攻を設置
1990年11月 カリフォルニア州立グロスモントカレッジと姉妹校調印
1991年4月 児童教育学科を幼児教育学科に改称
専攻科食物栄養専攻を開設(2011年3月廃止)
1992年4月 音楽教育研究センターを開設
1995年4月 郷土文学研究センターを開設
2000年4月 生活科学学科生活科学専攻を生活環境専攻に改称
2001年4月 生活科学学科を福井キャンパスに移転し、キャンパスを統合
2002年4月 生活科学学科調理科学専攻を設置(2010年3月廃止)
2006年4月 第三代学長に禿正宣就任
各センターを統合し、地域活動実践センターを開設
2008年10月 学園創立110周年記念式典
2009年4月 生活科学学科食物栄養専攻、幼児教育学科 入学定員変更
2011年4月 幼児教育学科 入学定員変更
2013年3月 (一財)短期大学基準協会による第三者評価で適格認定
2015年10月 仁愛女子短期大学開学50周年記念式典
2016年4月 生活科学学科生活環境専攻を生活デザイン専攻に改称
2017年3月 キャンパスリニューアル完了
2020年4月 生活科学学科生活デザイン専攻、生活情報専攻、幼児教育学科 入学定員変更
2021年3月 (一財)大学・短期大学基準協会による第三者評価で適格認定
2021年4月 生活科学学科生活デザイン専攻および生活情報専攻を統合し、生活情報デザイン専攻を設置

大学紹介に戻る