食物栄養専攻の
教員&在学生座談会

食物栄養専攻の学生たちは、普段どんな勉強をしているの? 将来の夢は?
大好きな料理や食について楽しく学んで成長する日々のことを語ってもらいました。

 

実務経験を3年積んで管理栄養士になる

たなかさん
普段は尊敬する先生、なのに旅行では友達同士のように付き合える森先生は、私たちにとってお姉さんやお母さんみたいな存在です。
におさん
就職のことも森先生に相談できて、とても助かりました。栄養士として働くには、直接雇用と委託会社のどちらが良いのかずっと気になっていたので。
森先生
そのことで悩む学生は多いの。どちらかというと直接雇用の方が良いと考える学生が多いみたい。でも、委託なら派遣先の人間関係に悩んだ場合でも異動を願い出られるなどのメリットもある。一概にどちらが良いとは言えないから、それぞれのメリット・デメリットに着目して検討してほしいな。
におさん
先生からのアドバイスを参考に、病院やデイサービスも経営する介護老人保健施設への就職を決めました。介護施設と病院、どちらにも魅力を感じていたので両方に携われる理想の職場が見つかったと思っています。
たなかさん
子どもが大好きな私は、念願のこども園で栄養士として働くことに。園庭に畑があるので、採れた野菜を使って、園児たちと一緒にクッキングできたら良いな。なんといっても、私たちは「ベジ・ガールズ」だから。
におさん
それと、3年間しっかり実務経験を積んで、管理栄養士の国家試験合格をめざしたいな。
森先生
管理栄養士の資格取得をめざす卒業生は、国家試験が近づくと試験対策の「リカレント講座」が受講できるからね。定期的に模試も実施しているので、その時点での自分の実力も確認できるからぜひ参加してね。でも、まずは栄養士として危機管理や衛生面には気をつけ過ぎるほど気をつけて、身体を大事にしてがんばってね。

※ベジ・ガールズ:福井市が推進する、「ふく2ベジ・ファースト応援事業」で市から任命されて、ベジ・ファースト(野菜から食べる健康的な食事方法)のPRをお手伝いする仁短生の愛称。

食物栄養専攻トップに戻る