生活情報専攻の資格・就職

資格

取得可能な免許・資格(卒業と同時に資格取得)

  • 情報処理士
  • ビジネス実務士

取得を支援する資格(授業の内容が対応/要試験)

  • Microsoft Office Specialist 
  • 日商簿記検定
  • 秘書検定
  • 日商PC検定(文書作成・データ活用)
  • TOEIC
  • 実用英語技能検定(英検)

キャリアアップ支援講座(全学生対応)

  • 医療事務講座
  • 販売士検定講座
  • 公務員採用試験対策講座 ほか

キャリアアップ支援講座(生活情報専攻学生対象)

  • ITパスポート試験
  • 面談ラリー
  • 先輩とのディスカッション「先輩に学ぶ」

就職

ジェネリックスキルとビジネススキルで、事務職を中心に幅広い分野に就職。

3つの強み

  • 高い事務能力で企業の活動をしっかりサポート。
  • 女性ならではの気配りで、会社にとってなくてはならない存在に。
  • パソコンの利用技術は、すべての会社で活かせる。

公務員・企業事務

官公庁や団体、企業などで社内の事務処理全般に携わる仕事です。具体的には電話・メール・来客応対、書類作成、ファイリング・データ集計など。配属部署や企業によって仕事内容に幅があります。

医療事務

診察券・保険証の受け渡しや会計などの受付窓口業務、カルテ管理、医師や看護師の補助、保険組合への医療費請求などを行います。病院の顔として、事務処理作業だけでなく笑顔で手際の良い対応が求められます。

販売・サービス窓口

取り扱う商品の販売やサービスを提供するプロフェッショナルです。店舗での接客では、お客さまの好みや希望を引き出すコミュニケーション能力も重要になります。多くの人と接するため、英語などの語学力も活かせる職種です。

金融サービス業務

銀行の窓口業務や融資、証券会社を通じた株式などの取引や保険など、金融関係のサービスを行います。生活情報専攻で身につけるビジネス実務の知識やスキルは、金融業界でも役立ちます。

総合職

総合職は企業運営の軸となる業務を担当するため、さまざまな部署で経験を積みながらキャリアアップすることができます。現在は総合職の地域限定採用なども増えており、女性も働きやすいように配慮がされています。

↑