幼児教育学科の資格・就職

資格

  • 保育士
  • 幼稚園教諭二種
  • 幼稚園・保育園のためのリトミック2級指導資格
  • レクリエーション・インストラクター

就職

高い専門職就職率。卒業生のほとんどが保育士または幼稚園教諭として就職。

幼稚園(幼稚園教諭)

満3歳から小学校就学までの幼児を対象に、子どもの心身の発達を助長するための教育を行います。子どもは、集団生活の中での遊びを通してさまざまなことを学んでいきます。

幼保連携型認定こども園(保育教諭)

認定こども園は、幼稚園と保育園の機能や特徴をあわせ持ち、地域の子育て支援を行います。親が働いている・いないに関わらず全ての子どもが利用でき、教育・保育・子育てをトータルでサポートできます。近年、認定こども園が増えてきており、今後、さらに増えると考えられています。
認定こども園で働く「保育教諭」となるには「幼稚園教諭」と「保育士」の両方の免許・資格が必要です。

保育所

保育を必要とする0歳から小学校就学までの乳児・幼児の保育を行います。子どもの健全な心身の発達を図るため、生活や遊びを通して総合的に保育します。また、保護者に対する支援や地域の子育て支援も行います。

幼稚園教諭

満3歳から小学校就学前までの子どもたちの教育(保育)を行います。幼稚園は「学校教育法」に基づいた学校とされており、幼稚園教諭の免許が必要です。幼児教育学科で必要な単位を修得すれば、幼稚園教諭二種免許を取得できます。

保育教諭

保育教諭とは、「幼稚園教諭」と「保育士」の両方の免許・資格を持って認定こども園で働く職員のことです。近年の認定こども園の増加に伴い、保育教諭として働く人が増えています。

保育士

保育所、児童養護施設、障害児施設などの児童福祉施設において、乳幼児や児童の保育、子育て支援などを行う職員で、保育士資格が必要です。保育士資格は幼児教育学科で必要な単位を修得すれば取得できます。

↑