生活デザイン専攻の学べること

デザインにおける基本技術を身につけると同時に、「何を作るか」という企画力から、「どう作るか」という段取り力、表現力までを総合的に学びます。

デザインの基本

家具や住まい、街の景観など人が暮らす空間を考える「環境デザイン」、心を動かすビジュアルイメージを表現する「ビジュアルデザイン」、身近なモノを美しく、使いやすくすることで日々の生活を豊かにする「プロダクトデザイン」、被服の知識や洋服作りの方法を習得する「ファッションデザイン」の4つの分野を網羅したカリキュラム。さまざまな分野に挑戦してデザイン全般を学びます。

企画力

授業は「誰のために、何のために、どのように作るのか」という基本的な考え方に沿って、ターゲットの設定の仕方やコンセプトメイキングなどを身につけていきます。こうした思考力や企画力はデザイン以外の仕事でも必ず必要となる能力。授業の一環として地元企業や行政とコラボレートしたプロジェクトに参加する機会もあり、実践力も養われます。

段取り力

デザインを行うときは、明確な目的を持ち、フィニッシュに向けてしっかりした準備をしておくことが大切。さらに、消費者やクライアントへの心配りや周りのスタッフへの気遣いなども重要になります。プロとして活躍中の講師による現場さながらの指導により、段取り力を自然に身につけることができます。

表現力

デッサンやグラフィックソフトの操作、立体物の制作、写真撮影、洋服作りや洋服のリメイク、布の染色など、デザインを表現するための技術もしっかり身につきます。基礎から始めるので、未経験者でも楽しみながら上達可能。また、コンテストの応募や卒業制作など、表現力を試す機会も用意されています。

学びの特色

基礎から応用まで、
デザインの各分野を総合的に学びます。

生活デザイン専攻では、私たちの暮らしにダイレクトにつながるデザイン分野を学びます。基礎からしっかりと学び、美術やデザインの経験がなくても、2年間で大きく成長できるカリキュラムが組まれています。また、生活デザイン専攻の教員は、全員がデザインの現場経験者です。社会が求めるデザイン教育を実践することにより、学生は各デザイン分野の具体的な知識や技能を習得することができます。

TOPICS

実践を通して学ぶ、幅広い取り組み

専門性を活かした地域社会との連携
生活デザイン専攻には、地域の自治体や団体、民間企業から、専門性を活かした多種多様な依頼があります。授業課題として検討・制作したり、有志のプロジェクトチームで取り組んだりすることで、地元のまちづくりや活性化、新しいデザインの発信など、さまざまな地域社会への貢献に結びついています。
卒業制作展
2年間の集大成として、美術館で卒業研究を一般公開します。各自の作品に対するコンセプトやテーマをプレゼンテーション。ポスターやDM、屋外看板などの広報や、ディスプレイや照明も工夫した本格的な展覧会を開催します。
フクイ夢アート
アートの力で福井駅前を活性化する福井のイベント「フクイ夢アート」に、JSD(仁愛スモールデザイン)プロジェクトとして毎年参画しています。期間中、ワークショップやギャラリー展示、パフォーマンス等で、駅前を訪れる人たちと交流しながら、華やかにイベントを盛り上げます。特に毎年恒例になっているイベントの最終日のハロウィンパレードでは、本格的な仮装に身を包み、学生たちも大いに楽しんでいます。
デザイン研修旅行
アートや文化、まちづくり、そして各分野のデザイン。毎年さまざまなテーマでの国内研修旅行を企画しています。最先端の作品や、一線級のアートを体験することで、自らの制作に大きな刺激とキッカケを作ることができます。
コンクールへの出品・入賞
学んだことを活かして、コンクールに応募してみましょう。「福井県デザインコンクール」や「全国きものデザインコンクール」など、福井県内から全国公募のものまで、さまざまなコンクールに応募できます。毎年、栄えある賞を獲得する学生が多数出ています。
↑