学園創立の理念

1898(明治31)年、禿了教・すみ父娘により創立された「婦人仁愛会教園」が、福井仁愛学園の源です。
学園創立の理念である「仁愛兼済」とは、自分を育ててくれるすべてのいのちの尊重と、相互敬愛を基本として、社会に役立とうとする精神です。
福井仁愛学園は、その精神に基づき、大学院、大学、女子短期大学、女子高等学校、幼稚園を設置して、地域の発展を支える多くの人材を輩出してきました。110余年の歴史を経て、これからも時代の進展に対応しながら、更なる発展を続けていきます。

美(うるわ)しい世をひらく
灯(ともしび)となるために

1965(昭和40)年、仁愛女子短期大学は、専門分野の学びを通して一人ひとりのいのちが響きあい、「美しい世をひらく灯となる」ことを願って開学しました。
自らの興味、関心に基づき選んだ専門分野を主体的に学ぶ2年間。
本学を卒業した約20,000名の女性たちは、「豊かな心」と「実践力」で、社会を支える大きな力となっています。

↑